家族会ご案内

こころに痛みを持ち、生きづらいと感じているひとと
その家族のみなさんのために
ひとりで悩まないで家族会で元気になりましょう

こころに不安や痛みを持ちながら、生きづらいと感じているひと、また、こころを病んでいるかもしれないと悩んでいるひとと、そのひとを支える家族たちのための会です。こころの病なのかもしれないと悩んでいるひとの家族は、とかく孤立し、自分たちだけであれこれ悩むことになりがちです。同じような心配をもったひとたちの家族が、おたがいの悩みや不安を話し合い、すこしずつでも希望ある道すじをさぐって行くことができれば、孤立していた家族同士のこころの大きな支えになる可能性があります。そして、そうした体験を共有することにより、困難な明日でも立ち向かって生きようという力がわいてくるかもしれません。

当事者を支えている両親、配偶者、兄弟、姉妹、子供たちなどのご家族の皆さん、どなたでも自由に入会できます。入会の申し込みは常時受けつけています。家族会までご連絡ください。

家族会の活動

定例会(講演会)

精神科のお医者さん、精神保健福祉士、臨床心理士、薬剤師の方たちをお招きして講演会を年に数回開催しています。精神科医療の最新情報、治療方法、くすりのお話などの勉強会です。当事者のかたも歓迎です。

ほっとタイム(家族の茶話会)

毎月1回土曜日の午後、家族の茶話会をひらいています。話題はなんでもどうぞ。病院のこと、お医者さんのこと、治療のこと、薬のこと、夫婦や家族のこと、自立支援などの法律や、将来の自立生活、就職、障害者年金、いろいろな行政手続きなど・・・、なんでも悩みをお話しください。話した後は、こころが「ほっと」します。はじめてこられた方は、厳しいお顔で来られますが、帰るときのお顔はおだやかで見ちがえるようになり、笑(えみ)もすこしこぼれるかたもいます。少人数でのお話し会です。お茶とお菓子でゆったりとくつろぎながら、お話しましょう。

ヒアリング・ヴォイシス

障害のある当事者の幻聴、妄想をかたり、理解する会です。専門講師によるやさしくて為になるお話と、質疑応答があります。声が聞こえる方、聞こえない方、体験者の身近にいる方、支援者の方どなたでも参加できます。*ヒアリング・ヴォイシズは、ヒアリング・ヴォイシズ研究会の活動です。家族会は、この活動を支援しています。

その他の活動

草むらの会の各事業所の見学会(4月)、バザー(6月)、納涼会(8月)、いも煮会(10月)、クリスマス・忘年パーティー(12月)、新年会(1月)、草むらの会スタッフとの勉強会(隔月)など、楽しいイベントが満載です。また、草むらの会主催の一泊研修旅行(11月)、草むらフェスタ(2月)にも積極的に参加しています。くわしくは、家族会年間計画および「草むら通信」でご確認ください。

連絡先: 多摩草むらの会 家族会 TEL: 080-1085-0881
NPO法人多摩草むらの会 東京都多摩市鶴牧1-4-10-101

家族会年間計画