巻頭言アーカイブ

秋の夜長に誘われて

吹く風が時に冷たく感じる頃となり、林を歩けば真っ赤な烏瓜の実が目につく頃となりました。皆様にはお変わりなくお過ごしでしょうか。

草むらではコロナ禍が始まって何となく鬱積した日々と忍耐の中、残念ながら4人のメンバーさんが亡くなりました。こんなことは法人が始まって21年来初めてのことです。以前、「生きることが修行」だと言っていた方がいました。今になって心に染みます。まさに人は生きているのではなく生かされている、そのことに感謝の気持ちを忘れることなく、淡々と流れに逆らわず、自分を見失うことなく、それを活かして人生を全うする不逆流星、すべての人が全うできるような社会が早く来ることを願わずにいられません。

秋は自然の恵みが溢れる季節でもあり、過ごしやすく、ついつい秋の夜長に夜更かしをしてしまいます。そして、いろんなことが走馬灯のように浮かんできます。21年前、メンバーさんや親たちと30人ぐらいで始めた会が、今、メンバーさん達で約480人、職員も約170人。組織もNPO法人多摩草むらの会、農業法人株式会社グリーンガーラ、社会福祉法人草むらと3つの組織に分かれました。でも、どんなに大きくなって組織が分かれたとしても常に広い心を持って、オール草むらで、いかにしてメンバーさんたちにとって過ごしやすい草むらであり続けるかをコンセプトに、力を合わせて、多種多様な困難を乗り越えていきたいと思います。

私の好きな高田敏子さんの詩、~右の手の悲しみを左の手が支え、左の手の決意を右の手がうける~豊穣の秋、食べすぎませんよう滋味溢れる食物に力をもらい、健やかな身体で日々活き活きと過ごされますよう祈っております。

代表理事 風間美代子