一年の流れ - 夢畑 - 多摩草むらの会

メニュー

一年の流れ@夢畑

夢畑周辺の動植物の観察日誌です。裏山や雑木林などの自然豊かな生態系をご覧ください。

January 師走 小寒

春の七草は圃場から採集してきます。

シイタケはビニールハウスで菌床栽培により収穫しています。冬季はビニールハウスを暖房で温めて栽培しています。

菌床はオガクズを固め、シイタケの菌を打ち込んであります。

January 睦月 大寒

February 睦月 節分

豆まき。盛大ではありませんが、季節の催しものを大事にしています。

February 如月 雨水

March 如月 啓蟄

オタマジャクシが蠢きます。

March 弥生 春分

キノコの生育に適した気候です。

発育の良い菌床は、シイタケの芽が大量発生します。

April 弥生 清明

April 卯月 穀雨

苗床作り・播種【田んぼ】

May 卯月 立夏

田起こし【田んぼ】

May 皐月 小満

水引き・畦塗り【田んぼ】

June 皐月 芒種

代掻き・田植え【田んぼ】

小川や田んぼでホタルが見られます。

June 水無月 夏至

草刈り・除草【田んぼ】

梅雨どきから高温多湿の気候になるので、シイタケの生育に不適です。ゆえに、夏季の収穫量はごくわずかです。カビ取りの毎日です。

July 水無月 小暑

菌床の堆肥場には、カブトムシの幼虫やサナギがごろごろ埋もれています。

Before 稲の生育具合 小暑の頃
After 稲の生育具合 立秋の頃
Before 除草 小暑の頃
After 除草 立秋の頃

July 文月 大暑

竹で作った流しそうめんを流す器具があります。

ミョウガの葉はショウガの葉と似ています。言葉も似ていますね。

ミョウガ
ミョウガ

トンボがビオトープを自由に飛び回っています。

August 文月 立秋

お盆を過ぎると、ヒグラシが鳴き始めます。

穂が出ました

スズメバチが近隣に巣を作っています

August 葉月 処暑

『窒素:リン酸:カリウム=8:8:8』で配合された肥料です。
稲穂が実ってきました

お米に「888」という肥料を播きます

September 葉月 白露

畦の草刈りも重労働です。
「実るほど頭を垂れる稲穂かな」
クワイの葉は矢印の形をしています。
クワイの塊茎。正月のおせち料理を彩る縁起物です。
アケビ
キウイ

September 長月 秋分

田んぼの水を抜き、実りを良くします。
暑さ寒さも彼岸まで。
ぬかるんでいると、稲刈りが大変です。
あぜ道や農道の脇で見かけます。

キノコの旬です。人間にとっても過ごしやすい気候です。

October 長月 寒露

稲刈りのイベントが開催されました。
刈り取った稲を干す『ウマ』という物干し竿を作っています。
稲は刈り取ったのち、天日干しします。
稲を干す台の呼び方は多彩です
烏瓜カラスウリです。
クレソンが取水路に自生しています。早春に収穫できるよう、夢畑敷地にて栽培します

October 神無月 霜降

November 神無月 立冬

November 霜月 小雪

焚き火で暖を取りながら、焼き芋もします。

December 霜月 大雪

December 師走 冬至

柑橘類です。だいたい、「橙」だと思われます
ユズ。柚子風呂の風習を思い浮かべます。

臼と杵での餅つきが恒例の行事です。

年末年始も、夢畑は営業中です。初詣やお雑煮を楽しみます。