ニュースリリース

高校生が考える農福連携(瑞穂農芸高校 × 多摩草むらの会連動企画) - 東京都の幻のブランド豚を畑deきっちんで

(瑞穂農芸高校 × 多摩草むらの会連動企画) 東京都の幻のブランド豚を畑deきっちんで

農芸高校と福祉の新しい農福連携の可能性を、瑞穂農芸高校のみんなだけでなく広く多くの方に知ってもらいたい。瑞穂農芸高校の生徒さんの想いから始まった企画が結実。

草むらの会の活動に興味を持った瑞穂農芸高校の生徒さんが、農芸高校との連動の可能性をアンケート調査や発表会での反響から連携事業を立案。その成果の一つとして、高校生が育てた東京のブランド豚(TOKYO X)を畑deきっちんのメニュー(季節限定)に加えることになり、、令和元年12月16日(月)新メニューのお披露目を行いました。

今後、様々な連携を発展させていきたいと思います。

当日紹介された特別メニュー
さっぱりかつ奥行きのある味
ロース生姜焼
柔らかなヒレカツ
ほどよい甘さ
バラジンジャー煮
お披露目の会参加者一同
立案者と豚を育てた生徒さん

その他のニュースリリース